まずは腸内環境を整える!PMS・過多月経・子宮筋腫でも、あきらめないで。

blog

今日、皆さんにお伝えしたい事は、「腸内環境を整えるのは本当に大切」ということ。

どの位大切かというと、女性であれば生理の質すら変えてしまいます。

最近では「健康=腸の健康」というのは、もはや常識?なので、わざわざここで言うまでもないのかもしれませんが、やっぱりその効果、最強でした。

腸内環境を整えることで起こる変化

忘れもしない2020年1月。子宮筋腫の悪化によって突然大出血を起こしたのですが、本当に日常生活がままならなくなり、手術以外の選択肢は考えられなくなりました。

ただ、筋腫を栄養する血管を塞ぐ治療法があることを知り、「血液の質をかえれば良いってこと?」と、最後の望みをかけて食を見直すことに。 

すると、小学生の頃のようなお通じの日がチラホラみられるようになった頃には、PMSと過多月経の症状も随分落ち着いてきました。

女性の生理は、食生活の成績表?

私の場合は、一カ月どのような物を食べたかによって、PMSの辛さが変わります。今でもちょっと食生活が乱れると、ひどい頭痛や体調不良にみまわれ、すごく後悔することになります。この時に腸の状態が悪いと、さらにひどいことに。何事もなく過ごせた月は最高です。

当時の食生活はどうだったのか?

大出血を起こす前も、割と食には気を使うタイプでした。添加物の多い物も、加工食品も好みません。野菜が好きで、揚げ物もたまに食べるぐらい。肉の脂身はカット、グリルで焼いて脂を落とし、極力とらないようにしていました。

ただ、その努力を打ち消すかのように、何かのきっかけでスイッチが入ると毎日甘いものを食べてしまう糖質依存に陥りやすいタイプです。

年齢的な基礎代謝の低下と相まって、全然痩せないし、腸の状態もあまり良くなかったと思います。

過剰摂取かも?

今考えると、一番の原因は大豆製品やタンパク質の過剰摂取だったかもしれません。

「更年期だし、痩せたいし、女性ホルモンが減ってるかもしれないから」と、ご飯を豆腐に置き換えたり、豆乳も飲む、納豆もヨーグルトも肉もしっかり食べていたら、途端に腸内環境が悪くなりました。甘いお菓子を食べすぎると最悪です。腸も年齢と共に老化していきますので尚更です。

腸内環境が悪化すると、体外に排出される予定だったエストロゲン(女性ホルモンの一種)が再吸収され、エストロゲン過剰に陥ることがあるそうです。

実際、検査をしたら女性ホルモンはしっかり分泌されていたし、だからこそ子宮筋腫も大きくなりました。

正直、何が原因かはわかりませんが、子宮筋腫や過多月経を引き起こす一因だった可能性は否定できない気がします。

間違った方向への努力って、本当に怖いですよね。

子宮筋腫やPMSに苦しむ皆さんへ

一年半以上たった現在の状況はというと、相変わらず子宮筋腫は大きいまま。

しかし、生理二日目は本調子ではないものの、普通に生活できる位に落ち着いてきております。

先日の検診で、先生から「あの時はもう手術するしかない、出血量は更に増えると思っていたのにね~」と言われ、諦めないで本当に良かったなと思います。

婦人科系の疾患や生理中の体調不良に悩む方は、ぜひ一度真剣に「腸内環境を整える食生活」に取り組んでみてくださいね。

気を付けたこと

気を付けたことと言えば、とにかく食物繊維たっぷり、できるだけ多品目をバランス良く食べるだけです。

いわゆる「ま・ご・わ・や・さ・し・い」ですね。

キノコ、切干大根、小松菜、キムチなどは好んで良くとる食材です。

タンパク質は、肉だけではなく、魚、卵、豆などもバランスよく。缶詰めでもジャコでもいいので、魚はなるべく毎日食べるように心がけました。パンは嗜好品。

私の場合、今後のキーポイントは甘い物との付き合い方です。隙あらば糖質依存に陥りやすい。

皆さんはいかがですか?

最後に

「日々の生活の中で、きっと健康になれるはず。」

そう信じて、これからも一緒に諦めずにやっていきましょう。

そして、一日も早く信頼できる婦人科の先生と出会えますように。

症状を緩和させる漢方薬なども処方していただけますよ。

皆さんも、症状が落ち着くといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました